Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

お知らせ

コットンボイルガーゼインナー2017春夏展開色。

スタイルベーシック社のコットンボイルガーゼインナー、
今年の春夏展開色のお知らせです。

印刷物ではなかなかわかりづらいので、
とりあえず、本日、
生地見本を写メってまいりました。

モニターや携帯端末、スマホの種類によって見え方が違うかもしれませんが、
私のiPhoneでは実物とかなり近くなっております。
ご注文時にお見せしますので参考になさってください。





重ね着に、肌着がわりに、インナーにして差し色に!
シンプルでお手入れ簡単なコットンボイルシリーズを、
ぜひこの機会におためしください。
多くのリピーターさんに大変ご好評をいただいております。

  • 2017.02.24 Friday
  • 20:14

オシャレ

今日のお客様のセレクション。

春の気配。
分厚いコートはもう脱ぎ捨てて、
春めいた装いに気持ちが傾きます。





butapanaのコットンガーゼの半袖セーターは、
夏には一枚で、
今時分はこんな風に重ね着で楽しめます。
白シャツとのコンビで春らしさを出します。
モノトーン調なので、
コーディネートによってオールシーズン着回せるのが嬉しいですね。
こちらは本日お買い上げ頂きました。

そして、今日の一番人気商品はこちら。





シルバーグレーのシャツです。
裾にシフォンが付いていますが甘さはなく、
クールエレガントな一枚です。
国産メーカー品で、38サイズはお取り置きに。
40サイズご希望のお客様は、
完全受注生産でメーカー在庫がないため、
現在、捜索願いを出してもらっています。
他店様から回してもらえるのをお待ちしています。

ほかにも、黒、ネイビー、ベージュ、白、サックスがあり、
サイズは38と40の2サイズ展開でした。
『でした』、と過去形でいうのも、
実はメーカーには在庫が殆どないからです。

ぱれっと店頭でも、動きが早いものは本当に早いです。
ジャストシーズンにはもう跡形もなく無くなっています。
ぜひ、早め早めのお買い物をオススメします。


さて、私はといえば、
もう次の秋冬のインポートのオーダーも最終段階に入り、
国産ブランドの秋冬オーダーが始まります。
そして、靴!
ぱれっとでも毎年好評のインポートシューズ&ブーツのオーダーが始まります。





この中で気になるものがありましたら、
是非おしらせください。
私は足のサイズが25〜25.5センチありますので、
サンプルサイズの23.5センチを履くのが至難の技なのですが、
履き心地を足指を曲げながら試して参ります。
頑張ります!

  • 2017.02.23 Thursday
  • 23:38

新入荷情報

春の新着続々、店内お見せします。




イタリア直輸入花柄スカート。
カーディガンは日本製。
ほかにグリーンとネイビーがあります。

トップスの色が変われば雰囲気がガラリと変わります。
ぜひお試しください。





クリーンでビビッドな色彩が最もぱれっとらしい、と言われます。
同系色、アースカラー、モノトーンもいいですが、
これからの季節は思い切りカラフルに、エネルギッシュに。








デザイン性のあるスカートやパンツ、チュニック・ワンピースなども、
国内外から続々入荷しています。








大きなドットのジャケットは、イタリアのメーカーに注文したもの。
今日突然私の友人がやってきて、
入荷したばかりのこの子をお取り置きして帰って行きました。
オンリーワンなのに〜σ(^_^;)
でも、似合っていましたので!

まだまだ素敵なデザインやシルエットのお洋服がたくさん。
さらりと眺めるだけでなく、
ぜひぜひお袖を通してご試着してみてくださいね。
ファッションは、まず試着から。

さあ、モチベーションを上げて、
新しい季節に新しい感覚で、
新しいファッションライフをはじめてみませんか?
きっと、毎日の心持ちも暮らしぶりも変わると思います。

目指すはbe happy!

余談ですが、我が家の目の前に『be happyクリニック』という名前のお医者さんがあります。
不思議と金曜日が休診日で、
行こうと思うと『休み』というぱれっと並みのクリニックなのですが、
なかなかいいネーミングです。








  • 2017.02.22 Wednesday
  • 23:07

オシャレ

久々の恵比寿。

イタリアン・インポートのオーダーがあったので、
久々に恵比寿に行ってきました。

駅の南西側には面白いところがたくさんあります。
その一角のギャラリーで、今日まで、
福島県飯館村の仮設住宅に住む人々と被災地の写真展があり、
拝見してきました。








雑誌カメラマンの谷口さんが、
忙しい仕事の合間に月一で福島を訪れては撮りためたものだそうです。
印象に残ったのは、
汚染土採取場の痛々しい山肌の景色と、
汚染土を袋詰めにしたものをさらにカバーで覆った写真。
カバーに付された記号と数字はどうやら放射能の線量のようです。
仮説住宅に住む人々の表情は誰も皆沈みがちで、
硬い表情をしています。
先の見えない不安と絶望感。
この人たちに再び希望の光が差す日はいつ訪れるのでしょうか?
1日も早くその日が訪れることを願わずにはいられません。
ライフワーク。
福島の足跡をこれからもずっと追い続けて行くそうです。

目の前のスタジオではちょうどドラマのロケ。
恵比寿のこの辺りの街並は、
どこを借景にしても絵になります。














空き店舗?
かつてのぱれっともこんな感じの店構えでした。
懐かしいペンキの色。
ゆとりがあったら、思い切って内装外装リフォームしたいですね。


そして、今日の遅いランチはここで。











老夫婦のお住まいだった建物を改装したという店内。














駅近なのにゆったりとした時間を過ごせる空間です。
お値段もこの辺りにしては妥当。
仕事の移動中、慌ただしく食事を取らざるを得ないことも多く、
プレートランチが17時までというのも嬉しいです。
ark プライベートラウンジ。
『定休日なし』は、ぱれっとと同じ^_^) v


そして、最後にインポート業者さんへ。
2017秋冬のイタリアものですが、
以前のような派手な洋服はすっかり影を潜め、
カタチと素材感で勝負のコレクション。





これはこれでかなり面白く、デザインもユニーク。
かえって派手なM&Kyokoやフランスものとも相性が良さそうでした。



お昼過ぎまでポカポカの晴天だったのに、
天気予報通り夕方から雨。
帰る頃にはザーザー降りとなり、靴までびっしょりになりました。





今日のぱれっとは春の嵐に翻弄され、
寂しい1日だったようです。
本日の新入荷は、カラフルなコットンのアンサンブル。





明日火曜日は朝一でお直し屋さんへ。
そのあと整体院へ行き、腰と首のメンテナンス。
その後、銀行と郵貯で支払いを済ませたあと、
ぱれっとを開けます。
また1時近くになりそうですが、
どうぞ宜しくお願いします。m(__)m







  • 2017.02.20 Monday
  • 22:37

新入荷情報

昨日は大賑わい。

昨日の土曜日は病み上がりで開店も1時半と遅く、
出だしもスローペースでした。
うまい具合にお客様が重ならず、
いい調子でご接客できる日だなあと思っていましたが、
夕方からいきなり大賑わいになり、
椅子が足りなくなりました。

みなさまそれぞれに春のお洋服を見に来てくださったり、
お取り置きを引き取りにいらしてくださったり。

昨日のプリンセスは、
美人の24歳独身OL、Yさん。
私の学生時代の山仲間の娘さんですが、
厳しく礼儀正しく育てられたのが一目でわかる素敵なお嬢さん。
引っ越し期日が間近に迫り、
厳しい条件をクリアする物件探しのお手伝いを、
お世話になっている不動産屋さんと共にすることになり、
店に足を運んでもらいました。





仕事に追われる都会での女性一人暮らし。
娘を持つ親として気持ちがわかりすぎるだけに、
何とかお気に召していただけるお部屋が文京区内に見つかり、
ホッと一安心。
職場にも近く、治安も住環境もよく、
地震にも比較的強い、地盤の良い高台です。

ばれっと常連の奥様方もいろいろ探してくださったり、
アドバイスをくださったり、
ご協力本当にありがとうございました。


昨日のばれっと。





インポート定期便のdisegualジップアップカーディガン。
手前はお取り置きになりました。

後ろの一枚を試着してみました。





FUEGOの春夏用ライダースジャケットの袖はメッシュ仕立て。





ディテールもスワロフスキー?付きで凝ったデザインです。

他にも毎日少しずつ色々なものが入荷している状況です。
気が向いたら、ふらりとチェックしにお寄りくださいませ。





今日は所用で半日、浅草です。











娘がチェックしていた、着物レンタルのshimさん。
浅草ならではのユニークで嬉しいお店です。
着物一式、襦袢、足袋から草履、ファー、バッグまで全て借りられ、
半日4000円+税、1日5500円+税。
もちろん、その場で着付けサービス付き!
気軽に和服を着て、そのまま浅草界隈を散策することができます。





コーディネートは元アパレル商社にお勤めだったイケメンオーナーさんと可愛らしいスタッフさんが、
センス良くアドバイスしてくださいます。
男性ものもあるそうですので、カップルでも楽しめますよ。
素敵な和装リメイクや小物も販売していますので、
興味のある方はぜひ。

http://www.shimjapan.com/




  • 2017.02.19 Sunday
  • 19:20

新入荷情報

スプリングコートお取り置きになりました。

あったかかったり寒かったりを繰り返しながら、
やがて本格的な春を迎えます。
今日は春の嵐、19度って?
でも、明日からまた寒い日が続くとか。

あちこちの業者さんやメーカーからスプリングコートが届き始めました。





アリヴェの綿織物のストレッチコートです。
ショールカラー、ボタンなしのロング丈。
ザックリと合わせて爽やかな春色ストールを巻きたいですね。
早速ご売約済みになりました。





こちらはまたまたスペインのdisegual。
最近やたらインポート定期便に入りますね。
サイドの黒いダイヤ部分の下はポケットになっています。
吊ってあるより、実際に袖を通して見て方がいいですね。





カーキのコートも本日、お取り置きになりました。


フランスよりFUEGOのコートとセレブなカーディガンも本日入荷。





またしても社長ガラケーにより、
実物からはるかに遠い姿しかお見せできないのが残念です。

というのも、昨日夕方から原因不明の不調で寝込んでいます。
吐き気、腹痛、寒気と体のあちこちの痛み。
でも、熱は微熱止まり、戻すことも下すこともなく、
ひたすら痛みとだるさが続いております。
鼻水も咳も喉の痛みも全くなく、風邪とは思えません。

昨日の昼ご飯に食べた、できあいのフライドチキンが悪かったかな。
油が胃にもたれて気持ち悪かったのは確か。
なんだかデリケートな体になってしまいました。

明日土曜日はお直し屋さん経由、
お約束もあり、
何が何でも出勤せねば!


あら?社長から追加画像が。





やればできるじゃないですか!
みなさま、どうぞ見に来てください。





  • 2017.02.17 Friday
  • 15:15

つれづれなるままに・・・

バレンタインデー。

昨日は所用があり、
店番を3時半すぎに交代して、
二番町から四谷、そして銀座に行ってまいりました。

夕方の銀座三越。

















そうです。
昨日はバレンタインデー。
こちらが話題の惑星チョコ。
好きな箇所を掘削してブロックを買えるというもの。
クールでワイルドでミステリアスなバレンタインですね。

私はこちらも好きです。





プロヴァンス直輸入の、
フルーツやナッツにチョコレートコーティングしたお菓子。

こんな感じで売り場にはショコラティエ自慢の素敵なチョコがズラリと並び、
見た目もお味もうっとりするような芸術の域に達していました。

バレンタイン商戦の経済効果は計り知れないものがあります。
本命男性だけでなく、女友達や自分に、など、
ターゲットは広がる一方。
反面、職場での義理チョコ&ホワイトデーのお返しは社会問題化し、
悪しき因習として家計を圧迫し始めました。
職場によってはご主人のホワイトデーのお返しがン万にも膨らみ、
奥さんがデパートに駆け込んであれこれ品定めするという図も、
珍しくなくなりました。

Twitterでの調査によると、
約7割の人が、この義理チョコという悪しき因習を辞めたいと望んでいるという。
あげる方もお返しする方も、
お金と労力と神経をすり減らすばかり。

知人の娘さんは入社一年目で、
部署の男性陣にバレンタイン・メッセージを配信する担当を命じられ、
先輩たちと相談の上、
ついに感謝のメッセージの最後に、
『本年度を持ちまして恒例のバレンタインチョコは終了させていただきます』
と書いて発信したのだそうです。
毎年その話題は出ていたらしいのですが、
いざ実行となると勇気がいるものです。

年々しょぼくなっていくクリスマスやお正月に続き、
バレンタインデーやホワイトデーも?
賛否両論あるでしょうが、
私の場合、プレゼントの基本はあくまで『心の豊かさ』を伴うか、
だと考えております。
決して商戦に踊らされることなく、
素直に自然体で、感謝や思いを伝えられたらよいと思います。

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 23:55

お知らせ

ラスト・クリアランス!そしてオグリキャップの思い出(追記あり)

毎日寒いですね。
このところ、販売そっちのけで野暮用ばかりの日々。

少しずつ春物も入荷していますが、
まだちょっと反応が鈍いようです。
やはりこの寒さでは仕方ないですかねえ。
実はもう着回せるものもたくさんあるのですが。

冬物はラスト・クリアランス。
ディスプレイ中に残念ながら難ものになってしまったM&Kyokoのスカート、
わけありで残ってしまったニット類、靴などを、
最終クリアランス価格にお値下げいたします。
少々の難は気にしない方、訳ありサイズをお探しの方、
どうぞお買い上げください。














元気が出るインポートのエプロンも!





追記

今夜の『プロフェッショナル仕事の流儀』は、
名馬オグリキャップ(1985〜2010)の特集でした。
覚えてるなあ。
まだ幼い娘を連れて、
笠松時代からオグリキャップを知る岐阜出身のお友達ファミリーと、
中山競馬場にも行きました。



貧しい北海道の牧場で大した血統でもない両親から生を受け、
地方競馬の岐阜・笠松競馬場でデビューした後に、
持ち前の実力だけで異例の出世を果たし、
中央競馬のスターダムにのし上がったオグリキャップ!
激動の時代・昭和の終わりに現れた1頭のサラブレッドは、
ハイセイコー以来の競馬ブームを巻き起こし、
日本の競馬を新たな時代へと導きました。
くしくもバブル最盛期。
泡沫(うたかた)の時代を駆け抜けたオグリキャップは、
ひたすら走り抜くことで夢を叶え、
私たちに多くの感動を与えてくれました。
当時の人気はものすごいものがありましたが、
老若男女を問わず、
その姿を自らの生き様に投影した人も多かったのではないでしょうか。

武豊騎手とともに臨んだ引退試合。
1990年12月、有馬記念での奇跡のラストランは、
故障を抱え、全盛期を過ぎた競走馬が最後に見せた意地というか、
まさに有終の美!
涙なくしては語れない、感動の勝利でした。





その芦毛の怪物の記憶は永遠の真実として、
今も私たちの心に深く刻まれています。
何度見ても涙、涙。

引退後は種牡馬となり、北海道で余生を送ったオグリキャップ。





しかし、その不世出の名馬の子供達は、
誰一頭として大きなレースで勝つことはありませんでした。
天から授けられたオグリキャップのDNAは、
結局、彼だけのものだったのか...。
番組の最後で、隔世遺伝に期待する場面が紹介されていました。

昨年末、オグリキャップの血をひくナリタキクヒメを広島で見送ったばかり。
認知になるまで馬を見るのが大好きだった亡き母のことも思い出され、
今夜のプロフェッショナルは、
私にとって感慨深いものとなったのでした。





1993年生まれのナリタキクヒメ。
2016年8月撮影、12月昇天。
広島県北広島町にて。

  • 2017.02.13 Monday
  • 23:57

新入荷情報

春物紹介します!

春物続々入荷中です。


コート!











インポート定期便に乗っかって来たdisigual(デシグアル)。
難しいものも結構あるスペインのカジュアルブランドですが、
ハマれば面白いブランドです。


アリヴェのストレッチ綿コート。
大柄の方には嬉しいロングサイズ。
若い方はゆったりはおるのが旬。





そのほかにもスプリングコート各種入荷しています。


butapana!
春夏用綿ガーゼアームカバー。





綿ガーゼプルオーバー&スカート。





この時期、五分袖は長袖タートルの上に重ねてベスト風に。


スワロフスキー・ピンブローチ、追加しました。
本場オーストリアからオーナーが持ち帰ったビンテージなども。








爽やかなコットンのカットソー。





コットンシャツいろいろ。








ありそうで、なかなか見つからない色やプリント、デザインも。





冬物最終クリアランスも春先取り商品も!











  • 2017.02.12 Sunday
  • 01:30

オシャレ

モーダイタリア、その他。

雨からみぞれに、そして雪に変わった昨日、
1日かけてモーダイタリア展とイタリアブランドを扱う業者さん巡りをしました。

モーダイタリア展。





サンプルを被り倒して、
被り心地やシルエットを1つずつ確かめ、
インポートならではの素敵な帽子を発注しました。








カタチを決めたら、
色やリボンの色を選んで行きます。
ああでもない、こうでもないと、
悩むのも楽しいひとときです。











みなさま、2017秋冬こそ、
帽子美人を目指してくださいね。


レザー、ファー、ムートン&ダウンコート。








こちらは春先に、
ぱれっとにて期間限定の予約注文会を開催予定です。
またお知らせしますので、
ぜひみなさまお誘い合わせの上、お越しください。


そして、場所を移して、
昨日一番のお気に入りがこちら!
良質なタートルセーターに、一重のコートをはおっています。





多種類の素材を組み合わせることで、
製品に独特の風合いを持たせるのが得意なイタリアのニット・ブランド。
シェトランドウールやラムなどの素材もうまく融合させたコレクションになっています。
軽くてあったかくて優しい肌触りは、
お値段は少し張りますが、
十分納得のいく仕上がりになっています。
これで首こり肩こりとサヨナラできる!
そんな実感が湧いてきました。
合わせはボタン位置を移動して、
もう少したくさん取りたいと思います。


その他にも、スコットランドのカシミヤやラムウールなどのニット製品をオーダーしました。





1845年設立の、スコットランドの老舗ブランドです。
伝統的な製法を駆使した編み地や柄が人気。

ほんの一部ですが、
ご覧いただいたご感想はいかがですか?
また、ご意見をお聞かせください。

次の秋冬は、
フランスのユニークな面白さから少し距離を置いて、
素材のいいクールなイタリアン・ファッションや、
伝統的なブリティッシュスタイルなども取り入れたいと思っております。


寒い中歩き回っている間に、
butapana春物がぱれっとに届きました。
インポート定期便とスワロフスキーのピンブローチ追加分も。
今日は検品や棚卸しなどしながら、
ぱれっとに一日おります。
みなさまのご来店をお待ちしています。

  • 2017.02.10 Friday
  • 11:20